赤ちゃんの寝かしつけを上手にしたい

subpage01

赤ちゃんを育てていく上で多くの方が持っている悩みとして寝かしつけの問題があります。

親のペースとは全く無関係に本能のままに起きて、生きる為に泣いてアピールするのですが、親にとっては規則正しく寝て欲しい物ですし自分自身も休みたいと思っているのです。


しかし仕事で疲れていたり早く寝て欲しいと焦ってしまうと、赤ちゃんは敏感に親の思いを感じ取り余計に寝つきが悪くなってしまいます。

47NEWSのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

全然寝てくれないので苛立ってしまい、その思いが伝わって余計に寝られなくなると言う悪循環に陥る前に寝かしつけのコツを覚えて、親子ともにリラックスして眠りに入りましょう。寝かしつけのコツを覚える前に、寝つきが悪い時にはまず体調が悪くないか、熱はないかと言う所をチェックしておくべきです。



その後はオムツのチェックとお腹がすいていないかもチェックして、あせもやかぶれで不快な思いをしていないかもよく見る事で解決出来る事が結構あります。そして肝心の寝かしつけですが、まずは赤ちゃんと一緒に添い寝する事が肝心です。

幼児教室に関連した書きかけ項目です。

添い寝しながら背中を優しく叩いたりさすったりする事も効果的ですし、頭を撫でたり耳たぶを触って揚げて安心して眠りやすくなります。

また子守唄や音楽を流す事も効果的ですが、音楽は優しい子守唄やクラッシックをセレクトすると成功しやすいです。

また少しの辛抱だと割り切って、抱っこして部屋の中を歩き回る事も効果的があり、横にした時に足つぼマッサージも喜んで気持ち良く寝付いてくれます。

他にも子守唄と似ていますが優しくお話しする事でいつの間にか寝ている時もあります。


後親の方が先に寝たふりをすると、最初はちょっかいをかけてきますがいつの間にか一緒に寝る事もあります。

いずれの方法でも、お気に入りのぬいぐるみやタオルを近くに置いておいたり、持たせたりする事で効果も倍増します。